名古屋のエステ
名古屋のエステ
TOPページ >> インディバとは?

インディバの魅力

免疫の向上
体温を上げることで自己免疫力や抵抗力が向上します。トラブルの起こりにくい体を作り上げてくれます。

自律神経・内分泌系のバランス調整
自律神経に働きかけ副交感神経のバランスを整え、ホルモンバランスを良くすると同時に深いリラクゼーション効果をもたらします。

基礎代謝の向上
一般的に、体温が1℃上がると基礎代謝が13%UPすると言われています。基礎代謝を上げることで、痩身効果、内臓脂肪の燃焼、冷えやむくみやセルライトを改善します。

アンチエイジング
二酸化炭素や活性酸素、老廃物などの毒素が排泄され、細胞の酸化(老化)を防ぎ、細胞を活性化させます。

リフトアップ
小顔効果、シワ・たるみ改善、バストアップ、ヒップアップなど、肌細胞を活性化させ、年齢によるたるみを引き上げてくれます。

疲労回復
固まった筋肉をほぐし、腰や関節の疼痛を緩和します。凝りや疲労物質を排泄して慢性的な疲れをスッキリ取ってくれます。

体質改善
免疫、自律神経、内分泌系のバランス向上で、体質そのものを改善し、さまざまなトラブルに内側から働きかけます。

体の奥深くまで高周波が届くことにより、血行が促進され、リンパ液の循環が良くなり、細胞を活性化させます。 活性化させます。
特に、冷え性・肩こり・むくみが解消出来ます。頸椎にもインディバをかけますので、自律神経に作用し、ストレス緩和、不眠症の方もその日はぐっすりと深い眠りにつくことが出来ます。次の日はすっきりと元気いっぱいです!
更に、内臓機能の回復、体質改善しながら痩せられ、リバウンドしずらい体になります。
体をあたためた後は、リンパドレナージュをほどこし、リンパの流れを整えますので、すっきりとした体を実感できることでしょう。 最近血液サラサラが良いと言われるように、全身の血行を促すことが健康につながり、美肌を作ると言われています。
通常汗をかかない人も、毒素が排泄され、体がすっきりします。もちろん血液はサラサラです。またインディバの熱が心地よく、最高のリラクゼーションをご堪能頂けます。
【関連リンク】株式会社インディバ・ジャパン

INDIBA(インディバ)とは?

インディバエステ
高周波温熱機 インディバMD-320



インディバC.E.T(容量性電移法)の特性

インディバとは、スペインで医療機器として開発され、世界で最も優れた総合美容高周波温熱機器です。
高周波により体温を平常時より3℃〜5℃、部位によっては7℃まで上げ、体を中からダイレクトに『深部加温』することができます。
それにより、自己免疫力や抵抗力・回復力、自律神経のバランスや内分泌系のバランスが向上、基礎代謝が高まり冷えによるトラブルが改善でき、血流・リンパの流れを良くし老廃物を排出して全身に酸素や栄養素を供給など、さまざまな効果が期待できます。
人は基礎体温が高い状態で生まれてきます。大人になると色々な要因で基礎体温が下がり、老いが加速するのです。
様々な病気や病気の前兆は冷えからくることが多いようです。
基礎体温を上げることが若さを保つ秘訣、つまりアンチエイジングなのです。
『深部加温』によって美容の悩みを根源から改善しトラブルを生まない・錆びないカラダにする技術がインディバの『予防美容』なのです。
フェイシャルからボディまで全身、内側・外側の両面からケアすることができます。 究極のアンチエイジング、インディバをご体感下さい。

「レス」と「キャパ」

インディバには「レス」と「キャパ」と呼ばれる方法があり、始めに使う銀色の「レス」では深部をじっくりと温めて、リンパ液や血液の循環を良くして不調箇所をコントロール。内臓脂肪(メタボリックシンドローム)や婦人科系疾患に効果的であるばかりでなく、自律神経に作用し、ストレスの緩和や不眠症の改善にもつながります。

次に使うグレーの「キャパ」では、広い範囲でマッサージをするように動かしながら温めていきます。こちらは表面に近い筋肉や脂肪、セルライトに効果的で、老廃物の排泄を促します。こちらでボディラインを作っていきます。非常にマッサージ効果も高く、ハンドマッサージのような体感です。

インディバによる内臓脂肪アプローチ

●36歳女性 1週間毎日施術● ●42歳女性 4週間、週2回施術●
体重62.7s CTの内臓脂肪面積4938mm2 体重60.7s CTの内臓脂肪面積2718mm2 体重55.3s CTの内臓脂肪面積76098mm2 体重52.4s CTの内臓脂肪面積4698mm2

インディバによる深部加温効果を検証

38歳女性 背部30分施術

さらに詳しく・・・深部加温の温熱療法

もっと具体的にご説明いたしますと、「温熱療法」といいますと温泉・サウナ・岩盤欲をイメージされると思います。体の芯まで温まる、いい湯だなぁ と言いますよね。これは「温泉の温度が体の中にしみ込んできた」と感じたからです。温泉の熱源は体の外という事はお判りだと思います。
しかしインディバによる温熱療法は、その逆です。熱源が体の中なのです。
人体は、体外の温度差の影響は受けますが、体外にある熱を体の中には浸透させない強い抵抗があります。もし体外の熱が浸透してしまえば、95度前後という高温のサウナは明らかに危険な温熱療法ではないでしょうか。
今まで皆様がご存知だった温熱療法(温泉、サウナ、岩盤浴等)の熱源は全て体の外にあります。皆様が感じる「体の芯まで温まる」は温泉のお湯の温度が体の中にしみ込んできたのではありません。シンプルに「錯覚」だったのです。皮膚表面の毛細血管が体外の熱を吸収し、温かくなった血液が体内を循環し、しばらくすると体全体の血液が温まり、それを「芯まで温まる」錯覚していたのです。
インディバの熱源は体内で発生するもので、その熱は「ジュール熱」と呼ばれます。インディバ機器より体内に透過する高周波エネルギーが、ジュール熱(細胞一つ一つの抵抗と分子の移動によって起こる摩擦熱)により、通常の各組織の温度を一時的に数度上昇させてしまうのです。
また、低周波のような刺激作用はなく、施術の時間や期間の制限もありません。

温熱の重要性

体熱は人間に不可欠なものです。人間の正常な体温は約36.5度ですが、1度下がると癌が発生しやすいレベルで、36度より少し下がるだけでも多くの病気の発症率が上がります。
冷えはさまざまな病気を引き起こします。アトピーやその他の皮膚疾患、生理不順や女性疾患、肥満症、内臓脂肪症候群、消化器・循環器系疾患…など、数え切れないほどです。
あらゆる病を癒すには温熱の作用が必要になります。人間にとって必要不可欠なものなのです。

インディバで予防美容

インディバは現在日本に於いて、美容・医療分野で主に使用されており大変幅広い用途があります。インディバのトリートメントは、今までのエステティックの概念を根本から変え、外面のトラブルのケアだけではなく、トラブルの根源となる内面のケア、即ち、体質改善(内分泌系、自律神経系、免疫系など)を同時に可能にすることができるのです。
一番重要な「体」という健康でしっかりとした「土壌」なくしてお望みの「美容」はゲットできません。
ますます必要となる「予防美容」もインディバ温熱療法にお任せください。

インディバはこんなところでも活躍しています

インディバの温熱療法は、美容・医療分野でのその有効性・有用性が認められています。
ガン治療を目的に開発されたインディバは、温熱には幅広い作用があることから、「多くの有用性が認められる」と、スペイン・バダローナ大学のDr.レイによっても発表されています。
術後のリハビリ(理学療法リハビリ、術後の疼痛緩和や皮膚再生、豊胸手術後のリフォーメーション、その他)や脂肪吸引手術前・後、メソセラピー(脂肪溶解注射)やカーボメッド(CO2注入)後、レーザー照射後のケア、ケミカルピーリングやイオン導入との併用、ハリ・キメの改善、自律神経の活性、活性酸素の排除…など、温熱によるその他多くの有用性・有効性が報告されています。
また、テニス、サッカー、柔道、バスケットボール、スキー、ゴルフ…などの多くのスポーツ選手(プロ・アマ)が使用している機器で、スポーツ医学分野でも高く評価されています。
ボディメンテナンスにも利用され、世界陸上でもインディバのブースが設けられていたそうです。

このページの上へ

フェイシャルエステ
インディバフェイシャルはこちら。
ボディエステ
インディバボディはこちら。

キャンペーンを見るキャンペーン ご予約・お問合せは予約
このページの上へ

名古屋のエステ 名古屋のエステサロンDOLCE VITA

TEL:090-1863-3014  営業時間10:00〜20:00  不定休/完全予約制  ご予約・お問い合わせ  Q&Aはこちら